クルクミンの吸収率

クルクミン



クルクミンの吸収率

クルクミンと言われても分からない方も多いでしょうが、ウコンと言えば多くの方が分かると思います。テレビのCMなどでもお馴染みの二日酔い予防効果があるウコンですが、ウコンの二日酔い予防効果の元となっているのがクルクミンになります。ウコンの主成分で、ウコンの独特の黄色の元となっている成分でもあります。しかし、このクルクミン、それほどに優れた効果があるのか?と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

実は、ウコンに含まれているクルクミンは、体内への吸収率が非常に悪いことが分かっています。言ってしまえば、摂取したウコンの大半は無駄に消えてしまっているというのが現実であるようです。十分にクルクミンの効果を得ようとするならば、安全摂取量を遥かに超えた量を摂取しなければいけないと言う本末転倒状態となってしまうとされています。

この状態を回避するために必要なのがレシチンと言われる成分だと言われています。レシチンは卵黄や大豆食品に含まれる成分で、クルクミンの吸収率を大幅に改善する効果があると言われています。その倍率は300倍と言われていますから、ウコンを摂取する際にはきな粉や大豆製品と一緒に摂取するようにするといいでしょう。




sponsored link

sponsored link