クルクミンとは

クルクミン



クルクミンとは

クルクミン(curcumin)という成分を耳にしたことがある方は多いでしょう。

健康にいいとされ、様々な食品などにも使われている天然成分です。クルクミンという言い方に覚えが無い方は、ウコンであれば分かるのではないでしょうか。

カレーなどにも使われているウコンはスパイスの代表とも言えるものですが、そのウコンに含まれているのがクルクミンと言われるポリフェノールです。

ウコンを知っている方であれば、分かるかと思いますが、非常に鮮やかな黄色をしており、この色合いをターメリック色素ともいい、天然の着色料として様々な食品にも使われています。

クルクミンの効果は主に肝臓機能に対して効果があるとされており、二日酔い予防にはウコンがいいというのも、このクルクミンの効果のお陰であるようです。

また、クルクミンには抗酸化作用があり、クルクミンを摂取することで肝臓がんを始めとした、様々ながんの予防効果があると言うのも確認されていますので、肝臓機能を正常化しつつ、がん予防のためにもクルクミンを意識して摂取するようにするといいでしょう。

クルクミンはドラッグストアなどでもサプリを見かけることも出来ますし、スパイスとしてウコンを利用することでも摂取することができます。食べるだけで健康管理をすることが出来る素晴らしい成分ですから、積極的に取り入れていきましょう。




sponsored link

sponsored link