クルクミンと二日酔い


クルクミンと二日酔い

お酒が好きと言う方も多いでしょう。営業マンであれば、日々の接待などでお酒を飲む日も多くなると思いますが、お酒を大量に飲んだ後に待っているのが二日酔いです。こればかりは避けることの出来ないお酒の難点といっていいでしょう。

二日酔いを回避するためにオススメだといわれているのがウコンですが、ウコンの主成分となっているクルクミンが肝臓機能を改善し、アルコールの分解効率を上げてくれるといわれています。しかし、クルクミン自体は体内への吸収率が低いといわれていますので、ウコン単体を摂取しても二日酔い予防としての効果は予想よりも低いものになるかもしれません。

十分にクルクミンの効果を引き出したいと考えるのであれば、大豆製品と一緒に摂取するようにすると、クルクミンの吸収率を引き上げて、十分に二日酔い予防効果を得ることが出来るはずです。大豆にはレシチンと言われる成分が含まれており、この レシチンがクルクミンの吸収率を引き上げてくれるということが分かっています。

ウコン単体で摂取した場合と大豆製品と一緒に摂取した場合の比較では、およそ300倍程度の吸収率だと言われています。納豆とウコンという組み合わせは抵抗があるかもしれませんが、ウコンときな粉のように粉末をブレンドしたものであれば、抵抗感なく摂取できるのではないでしょうか。




sponsored link

sponsored link