クルクミンときなこ

クルクミン



クルクミンときなこ

クルクミンはウコンの主成分とされているポリフェノールです。ウコンと言えば、二日酔い予防などが有名ですが、各種がん予防や糖尿病の症状改善、アルツハイマー病の原因物質除去など肝臓機能以外でも様々な健康効果を得ることが出来る非常に優れた食品になります。

健康のためにもクルクミンを摂取したいと考えている方もいるかもしれませんが、薬として摂取するよりも、やはりスパイスとして調理に使ったほうが楽しくおいしく健康管理をすることが出来るのではないでしょうか。

クルクミンと相性がいいと言われているのがレシチンです。大豆などに多く含まれる成分で、ウコン単体では吸収率の悪いクルクミンも、レシチンと共に摂取することで、その吸収率を300倍にまで引き上げるといわれています。大豆を使った豆カレーなどがいいですが、普通のカレーもきなこを入れることでレシチンとクルクミンを一緒に摂取することが出来るようになります。

きなこであれば、粉末状になっているため、見栄えも味にも大きく影響することもありませんから、使い勝手はいいでしょう。きなこの材料は大豆ですから、ウコンを食べるのであれば、一緒にきなこも食べるように心がければ、効果的にクルクミンの効果を得ることが出来るようになるはずです。




sponsored link

sponsored link