クルクミンの効果・効能


クルクミンの効果・効能

クルクミンはウコンに含まれているポリフェノールで、ウコンの鮮やかな黄色を出す色素成分です。クルクミンでピンと来ない方には、ウコンと言えばお分かりになるでしょう。

ウコンは体、特に肝臓に効果があると言われているスパイスで、肝臓病予防、肝機能の改善、アルコール分解効果の促進などのはたらきがあると言われています。ウコンが二日酔いに効果があるといわれているのは、このクルクミンの効果のお陰であると言えるでしょう。

また、クルクミンには肝臓への効果だけではなく、神経系、循環器系、消化器系など様々な臓器への効果的にはたらき、クルクミンを摂取することで体内で生成されるテトラヒドロクルクミンの抗酸化作用によってがんに対しての予防効果があると言う事も分かっています。

肝臓がん、肺がん、皮膚がん、前立腺がん、乳がん、腎臓がんなどに対しての予防効果があるそうですから、がん対策の一つとしてウコンを摂取するように心がけるといいでしょう。

一般的にはあまり知られていませんが、臨床試験で分かった結果として、DNAの損傷を改善するという効能もあるそうです。毎日摂取し続けることで様々な効果を得ることが出来る素晴らしい成分ですから、積極的に摂取するようにしていきましょう。




sponsored link

sponsored link